2002年2月、BOITS(=Bottom Of Illuminative TailorS)は
関西の若手テーラーが、情報交換などを中心とした交流を目的に設立されました。
現在の会員は50名を越え、今なお増え続けています。

そして2008年7月、BOITSメンバーの中から有志が集まり、
『オーダーメイド文化の継承と発展を目指し、
 日本洋装の研究・研鑚、次代の「職育」を実践する会』
をコンセプトに掲げて、
BOITS Classic Academy(以後BCAとする)は発足しました。


『(生)活き続ける本物の洋服』のために出来ること
BOITS Classic Academyでは、
オーダーメイド文化や技術のあり方を考え、研究し、
これからの洋服業界に役立て、次代に繋げていくために
洋服文化の底上げとなる情報発信団体として、
ノウハウの提供や人的支援などの活動を行っていきます。


BOITS、BCA活動イメージ図


BCAは、前出の基本理念を実現するためのボランティアとして
業界及び、これからこの業界を目指す方に対して支援活動を行ったり、
様々な情報発信を通じてオーダーメイド業界を取り巻く環境すべての
底上げを行いたいと考えています。
それらを実現する手段として、下記の具体的な活動を進めます。


◆サテライトプロジェクト募集
BCAでは、メンバーの経験とノウハウを具体的に活用していただき、
業界発展につながるプロジェクトを募集しています。
同業者の方で悩んでいらっしゃる方も、
同友として共に知恵を共有できればと考えておりますので、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

なお、プロジェクトの事業化につきましては、
参加する会社、または個人の事業として行います。
サテライトプロジェクトの紹介はこちら >>


[ ニッポン発、の取り組み ]
アパレルとの連携により、手作りの味(技術)を洋服に生かし、
日本発、テーラードスタイルの拡大・発展を目指します。


[ 技術継承への取り組み ]
パタンナー養成スクール『ル*オペラ』が手を上げ、
後継者の育成を目指した実践型教室 『マイスター・ファクトリー』
開校されることになりました。

これはサテライトプロジェクト第1号で、
BCAから講師を派遣することはもちろん、
業界の情報網を通じて、各方面に協力を仰ぎ、
ル*オペラの、後継者の育成事業を応援していくことが決定しています。

また、これから後継者を目指したいと思う方や、
専門学校で学んだが、そこから先の進路で悩んでいる方への支援など
今まで多くの方に道標を示してきた経験と実績をベースに、
良きアドヴァイザー役としての役割を果たしていく考えです。
BCAでは、こういった活動をベースとし、
オーダーメイド文化の継承と発展を目指していきます。
BCAへのご質問、ご要望などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら >>


◆イベントの開催
パーティーやイベントなど、『洋服が活きる場面』を作ることで、
幅広い人材交流を通じ、洋装文化の底上げを目指します。

イベントの紹介はこちら >>


BOITS Classic Academyは、正会員・賛助会員を募集しております。
正会員は、毎月の例会に参加し、本会の運営・プロジェクトに携わります。
賛助会員は、本会の主旨に賛同し、資金を援助する企業団体で、
適時、例会に参加します。

会員になるまでの流れ
例会見学役員による推薦書類提出・会費納付入会

例会見学:正会員・賛助会員とも、例会を見学して頂きます(2回まで可能)
     例会は通常毎月、第一水曜日19:00より開催しております。

役員推薦:例会見学後、入会をご希望される場合、役員一名以上の推薦をもち、
     一ヶ月の公示期間を経て、役員の承認を得て頂きます。

書類提出・会費納付
:所定の書類を提出し、入会金及び年会費を納付した時点で会員となります。

<入会金及び年会費>
・正会員  入会金:10,000円 年会費:12,000円
・賛助会員 入会金:10,000円 年会費:一口10,000円とし、毎年度の最低口数は一口

<見学のお申込み方法>
CONTACTページに進み、お名前、ご職業(会社・団体名)、ご連絡先などを
お知らせください。折り返し、例会の日時をお知らせいたします。
お気軽に見学にいらしてください。
なお、見学時にBCA会則をお渡しいたします。
CONTACTページはこちら

<注意>
本会の目的は「会員が互いに切磋琢磨し合うことで、個々が知識・技術の向上を以って、
事業の発展と共に、業界の発展を目指す」ことです。
従って、本会の中での商行為斡旋をご希望される方は、入会をご遠慮願います。
また、御質問などがございましたら、CONTACTページから御連絡ください。
CONTACTページはこちら

<参考資料>
BOITS Classic Academy 会則より抜粋

第1条 本会の名称は、BOITS Classic Academy(ボイツクラシックアカデミー、略称 「BCA」という)と称する。
第2条 本会は、会員が互いに切磋琢磨し合うことで、個々が知識・技術の向上を以って、事業の発展と共に、業界の発展を目指す。(参考:CONCEPT)
第3条 会員は正会員と賛助会員の2種類とする。正会員は毎月の例会に参加し、本会の運営・プロジェクトに携わる 賛助会員は本会の主旨に賛同し、資金を援助する企業団体とする



舶来仕立職の図 TOPページの絵は、「日本洋服史」の表紙に使われているもので、明治12年に細木年一氏によって描かれた【舶来仕立職の図】です。

幕末の頃、それまで和装だった日本に、西洋から洋服が伝えられ、その後、現代に至るまで百有余年の歳月が経過しました。

先人達のたゆまざる修練は、刻苦勉励を積み重ね、日本の紳士服の礎と繁栄を築き上げて参りました。

この職業を天職とする人は、先人達の業績を偲び、歴史を尊敬し、これからの歳月に、洋服文化の新たな繁栄を願い、咀嚼された洋装文化から、日本独自の服飾文化を築き上げる時がきました。

そのような想いを胸に、原点に立ち返る気持ちで、今回この画像を使用させて頂きました。

使用につきましては、
「日本洋服史」印刷の株式会社荒川印刷様、
発行者の出口稔氏にご尽力、御配慮賜わり、心より感謝いたします。
誠にありがとうございます。